WanLifeからのご報告

WanLifeでは犬のトレーニング(しつけ)の他に犬の幼稚園という一時お預かりのサービスを行なっております。飼い主さんの愛犬をお預かりしてWanLifeのスタッフが教室で犬同士での挨拶などのコミュニケーションや基礎トレーニングやハウスでの待機、お散歩マナーを教えています。そのサービスの一環で毎年1回5月に遠足イベントがあり、お預かりした犬達を平尾台へ連れていき平均1時間散策や遊びを提供していました。

その遠足イベントにて今年2019年5月23日にインストラクターの金川が預かっている愛犬バーニーズマウンテンドッグのルークくんを死亡させてしまう事故を起こしてしまいました。飼い主様の大事な家族の一員である愛犬の命を預かる立場としてあってはならないことであり、取り返しのつかないことをしてしまいました。管理者として引率者として、本来預かりしている犬の健康状態や特質を把握・配慮して遠足に行くべきところ、遠足時の天候確認、犬の健康管理や状況判断が行き届いていませんでした。また、事前に緊急事態に備えた対応を想定しておくべきところ、これを怠り、緊急搬送先である動物病院の確保や輸送方法の確保ができておらず、緊急時の飼い主様への連絡にも不手際があったこともあり、飼い主様の指示に対応することも出来ませんでした。これらは、緊急時の対応や応急処置において獣医学の知識や判断が足りていなかったことが招いた結果であり、事の重大さに深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした。

現在、犬の幼稚園で行われている遠足などのイベントや一部のお散歩につきましては安全性の確認・スタッフの知識や技術が身につくまでは当面の間中止とさせていただきます。また、今後このようなことが絶対に起こらないよう再発防止に向けて、今回事故を起こした金川含めスタッフ全員が改めて犬の健康管理や起こりうる事故の予防のための知識や応急処置、緊急時の対応などを直接獣医師や専門の講師より指導していただくよう既に取り組んでいます。

なお、本件に関しましては、ルークくんのご家族の寛大なご対応により示談が成立しておりますので、併せてご連絡いたします